01 企業のブランディングが大きな価値を生む

ウェブサイトの最大の利点はデバイスと通信環境さえあればアクセスできるという事です。
知りたいた時にその情報が容易に入手できる環境をGoogleの検索エンジンが整えてくれました。
また、SNSに代表されるウェブ上のバズマーケティングは今では当たり前になっています。
こういった環境下ですので、1度のチャンスがあれば自社の商品やブランドがメジャー化できる可能性が広がっています。
 
皆さんはSIPSという概念をご存じでしょうか?
電通モダン・コミュニケーション・ラボより新しく提唱されたネットマーケティングの考え方で、ソーシャルメディアが主流となる時代の生活者消費行動を『共感する : Sympathize → 確認する : Identify → 参加する : Participate → 共有・拡散する : Share & Spread』とシンプルに整理し、その考え方を略して「SIPS」と名付けられたそうです。
自社の商品やサービスに対して共感を得られるブランディング構築を行っていけば、成功する確率はおのずと高まってくるのです。

02 ニッチトップを獲得するウェブパッケージ

ブランディングを行う際には、自社の商品やサービスを深堀したストーリーが必要になります。
特定の商品やサービスに対してフォーカスをあてる事で、自社ならではの特徴やサービスをサイトを来場したお客様に強烈に印象付け、特定の分野でNO.1の地域確立する為のウェブサイトが必要です。
 
このようなニッチトップを目指す為のウェブサイトは大掛かりではなく、小さく作って大きく育てるタイプのウェブサイトになります。そういったお客様のニーズにお応えした中小企業様向けのブランディング構築サイトが弊社がご提供する「ゲートウェイパッケージ」です。