01 「AR(現実拡張)」をご存知ですか?

『Augmented Reality(オーギュメンテッド・リアリティ)』の略で、日本語では【拡張現実】と訳されています。
スマートフォンの普及に伴い、メディアで取り上げられたり、イベント・キャンペーンに使用されることも多く、既に体験された方も多いのではないでしょうか?

02 楽しむだけがARではありません

スマートフォン・タブレット等のカメラをかざすだけで、画面の中で動画再生・Webサイトへのリンク等、さまざまな付加情報が表示できます。
ARをプラスすることで紙面に掲載しきれなかった、より濃い情報を相手に提供することができます。
今までとは一味違った販促が可能となり、お客様への印象付けに効果的です。

03 ARは印刷物と非常に相性の良い技術

既に作成されたパンフレットには手を加えず、印刷されている写真をマーカーとして登録すればOK。QRコード等を後から刷り込む必要はありません。

04 こんな販促に使えます!

● 会社案内 社長の顔写真をマーカーにして、ごあいさつ動画で会社をPR!
● 商品取扱説明書 難しい操作方法を動画で解説したい!
● 学校案内 子どもたちがイキイキと活動している様子を伝えたい!
● 名刺 自己紹介動画を埋め込み、自身を売り込む販促ツールにしたい!
など、ARの使い道は工夫次第。
 
画面内にリンクボタンを設置できるので、タップして任意のサイトへリンク!
会社のホームページへそのまま誘導することも可能です。