今度は検索キーワードにリファラースパム名が!Google Analyticsでのアクセス数の伸びに注意2!

昨年の暮れあたりから猛威を振るっていたリファラースパム。私もずいぶん悩まされました。
 
リファラースパムをGoogle Analyticsからアクセス除外する方法(前回記事リファラースパム!?Google Analyticsでのアクセス数の伸びに注意!)が悩める方々に好評をいただいており、お役に立ってうれしい(?)限りですが、当社運営サイトでは一旦大人しくなっていたため、すっかり油断していたところ・・・
 
 
・・・また何か来てる!
 
しかも、今度は「集客→キャンペーン→オーガニック検索トラフィック(すなわち検索キーワード)」にもリファラースパム名が!
 
 
◯出どころはロシア
こちらのスパム、どうやらロシア産のよう。
国内向けのサイトを運営されている方で、ロシアからのまっとうなアクセスを犠牲にしてもOKな方は、次の方法で除外しましょう。
 
<アクセス除外フィルタのかけ方>

Google Analytics→アナリティクス設定→フィルタ
 

+新しいフィルタ→フィルタ名(適当な名前を入れます)→フィルタの種類(カスタム)→除外(言語設定)→フィルタパターン(ru)→保存
 
 
早く根本解決される日が来ればいいのですが・・・
 
リファラースパムをGoogle Analyticsからアクセス除外する方法(前回記事
リファラースパム!?Google Analyticsでのアクセス数の伸びに注意!もご参考にどうぞ。