必ずUSBの表裏を挿し間違える方、朗報です

USBコネクタをパソコンに挿し込むとき、必ずといっていいほど表と裏の向きを間違えてしまう不思議・・・。
しかしこのイライラが、もうじき解消されるようです。
 
USB 3.0の技術開発などを行う「USB 3.0 Promoter Group」が発表した“USB 3.0 Type-C”という新規格のコネクタで採用されるとのこと。

 

今までのコネクタとは互換性がなくなりますが、iPhoneやiPadのLightningケーブルのように、暗闇や手探りでも使用できるのは実に便利。
この新規各対応の製品が発売されるのは、来年以降ということなので、搭載されたパソコン等が普及するのはまだまだ先。今すぐ何とかしたい!という方は、バッファローより発売されている「どっちもUSB」シリーズがありますよ。

 
 
豆知識
USB3.0ってなに?
2008年に発表されたUSBの規格で、それまでの2.0より転送スピードが理論上10倍早いと言われています。
しかし、あくまでも理論上なので、実際は2倍ほどのスピードのようです。
またこのスピードを発揮するには、USBメモリーや外付けハードディスクがUSB3.0に対応していなければなりません。
USB2.0と3.0の見分け方はカンタン。
コネクタの中が白色ならUSB2.0、青色ならUSB3.0となります。
ちなみにMacでは、3.0に対応していても、そのデザイン性故、青色にはなっていません。