Google+が検索結果に影響を及ぼす!?

誰しも気になるSEO検索結果。
今現在、Googleにログインしている状態で検索を使っている方は、パーソナライズド検索という機能が働いており、ユーザーの環境ごとに検索結果が最適化されて表示されています。つまり、同じ検索ワードでも、人によって検索結果が変わるのです。
 
さらに、Googleのパーソナライズド検索がさらに進化した、APYW(Search plus Your World)という機能があります。
Google+を利用しているユーザーが、ログインしている状態で、とあるキーワードで検索した結果、フォローしているページが上位に表示されやすくなるというものです。
この機能は以前から海外では使えていましたが、度重なるテストを経て、つい先日頃からやっと日本で適用されたところです。
 
ここで登場するのがGoogle+
先日発表された、日本におけるソーシャルメディア利用率の調査結果で、Google+がLINEに次いで2位!facebookを抑えて、そんなまさか?GoogleとGoogle+を間違えた人が多いのでは?なんていうネタが話題になりました。
真相は定かではありませんが、確かにfacebookやtwitterほど話題に上がることの少ないGoogle+。一般の方で使っている方はまだ少ないでしょう。
 
Google+1ボタンが多く押されれているページや、共有された回数によって検索結果が変わってくるわけではないと言われています。
あくまでも、ユーザー自身の個人的な関わりの範囲内での作用ということでしょうか?
となると、Google+ユーザーが少ない現在では、SEOに大きな影響をあたえるほどではないようですが、将来Google+がもっと一般に普及すれば、その存在は無視できなくなりそうです。
 
ちなみに・・・APYWが適用されているか確認するには、Googleにログインした状態で検索した際の、検索結果ページ右上を見ます。
下の写真のように、人型のアイコンと、地球のアイコンがあり、人型のほうが選択されていれば、適用されている証拠です。

 
Googleにログインした状態、ログアウトした状態・・・。あなたの環境でどう検索結果が変わるか、ぜひ試してみてください。