とうとう無料で服が「タダ服.com」

ネットから得られる情報は基本的には「無料(タダ)」が当たり前と思われている。
複数巻のデジタル漫画も1巻目は無料の場合が有る。一部無料で配信することが、有料の情報や商品を購入してもらうためのステップになりつつ有るようだ。
しかし無料の情報・サービスだけでも十分に満足できる場合も多い。

とうとう無料で「服」が貰えるようになった。
サラは10月2日、正規品の洋服がタダでもらえるサイト「タダ服.com」をオープンした。
「タダ服.com」は、洋服購入にお金を使わない現代の若者と、商品情報の拡散や認知度向上を狙いたいメーカーをSNSでマッチングさせることを目的としたもの。

 一般ユーザーは、欲しい商品にエントリーする際、商品ページに設置されているシェアボタンを押すことで応募資格を得ることができ、アパレルメーカーはシェアボタンが押されることにより、商品ページの情報がFacebookやTwitterで拡散される仕組みになっている。

 ■「タダ服.com」(http://www.tada-fuku.com/)

昔から「タダより高いものはない」と言われてきたが、どうやらそれも死語になりつつ有るようだ。